プラセンタサプリメントのプラセンタ製薬:老犬について


プラセンタ製薬株式会社が考える老犬についてをご案内したいと思います。

巷では、高齢化が進んでいます。それは人間だけではありません。
動物にも当てはまると言えます。医療の高度成長から食(ドッグフード等)の進化に伴い、動物達も年々長生きしてきているのは間違いありません。
違う角度から見ても、ティーカッププードルやチワワの人気から、小動物への注目もいっきに高まって、飼い主が増えた事も事実でしょう。
そうした世代の中、世間の皆様に喜んでもらいたいという願いからプラセンタ製薬株式会社は厚生労働省が認可しているプラセンタ「胎盤」に着目しました。
プラセンタというと聞いた事ある方もいると思いますが、今では病院でプラセンタ注射(保険適用)を取り扱っている病院も増えてきました。
その中でも効果効能をずばり謳った書物を吉田クリニック院長「吉田健太郎」先生始め多くの医師に寄って執筆されてきました。日本胎盤臨床研究会、日本胎盤学会、医療法人社団月路会(プラセンタ療法を実施している医師と研究機関で構成される団体です)などの所見が多くみられます。
一番人間に近い豚臓器プラセンタ「胎盤」のサプリメントを多くの人が美容、健康補助食品、化粧品原料、アンチエイジング、ドリンク等に使用され数々の働きが実証されている健康成分なのです。
プラセンタ製薬は、その希少な健康成分プラセンタをペット専用サプリメントとして獣医師とプラセンタ研究交流会で研究開発したプラセンタサプリメント商品を多くの動物病院に販売しております。病気を患ってしまった動物たちからお年寄りの動物達まで幅広く使用していただいており、嬉しい声が上がってくるようになりました。
動物病院等からも症例をいただいて益々プラセンタへの期待が膨らんでいきます。
それほど、総合的にマルチな商材だと言えるでしょう。

  • だいたい犬も猫も7歳頃になると高齢期に突入します。
    老犬化が始まる頃から気をつけてあげたい事は下記のようになります。
  • ●多種多様の病気
  • 年をとるほど免疫力が徐々に減っていきます。それにより病気にかかるリスクが高まります。
  • ●食事
  • 高齢化が進むと筋肉量や新陳代謝共に低下し肥満になりやすくなります。高齢犬用に変更する必要があるでしょう。
  • ●定期健康診断
  • 定期的に健康診断を受診することにより、病気の早期発見につながります。

老犬となると免疫力低下から病気にかかってしまう事も視野にいれるべく、
なかなか見た目ではわからない事も多々あります。
そこで日々の健康診断は欠かせないでしょう。日常ケアも忘れずにしてあげましょう。

プラセンタ製薬の商品はヒューマングレードをクリアしたプラセンタサプリメントです。
家族の一員として心を痛めている老犬も犬も猫もその他生命ある物全てにとって役に立つ事を願い研究・開発いたしました。
少しでも長く飼い主である為に・・・


老犬と暮らす飼い主さんにも喜んで頂いています!・・・・・プラセンタ。

矢印
ペット用プラセンタサプリメントのご紹介です。

▲ペット用プラセンタ・サプリメントは商品のご紹介ページにて、詳細をご覧頂けます。


▲ページトップへ