マーベラス ピュアSPFプラセンタ

ペットの元気を応援する:マーベラス ピュア・プラセンタ


マーベラス ピュア・プラセンタ:純粋なプラセンタ原末に亜鉛含有酵母・カキエキスなどを加えました。

亜鉛は、代謝に関わる酵素の必須成分であり、
DNAやタンパク質の合成に働くため、新陳代謝が活発なところに大きく影響します。
カキエキスをプラスすることで、胆汁酸の分泌を促進し、
肝細胞の再生を促すなど、肝臓の解毒作用を強化する働きがあります。


元気に長生きしてほしいから

プラセンタ「placenta」とは、英語で「胎盤」という意味です。
胎盤は胎児の発育成長に不可欠なもので、単なる栄養成分だけでなく、
細胞の分裂を適切にコントロールする成分「成長因子」(グロース・ファクター)が
含まれています。胎盤には、生命の維持に必要なあらゆる物質が含まれていると
されており、胎盤抽出物であるプラセンタエキスは、各種アミノ酸やビタミン・
ミネラルなどを豊富に含んだ、完全栄養と呼ばれています。プラセンタは、
身体本来の自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にする作用に注目され、
人間のための健康補助食品として生まれたものです。
高純度原末プラセンタに、無くてはならないミネラルの亜鉛酵母、
タウリン(含硫アミノ酸)たっぷりのカキエキスをブレンドしました!


愛玩動物推薦ピュア・プラセンタ


マーベラス ピュアSPFプラセンタは獣医師と共同開発した商品です。
「人間もそうだが、動物たち(犬、猫)にも亜鉛が不足している」という獣医師の意見から、
良質なプラセンタに亜鉛含有酵母、さらにカキ肉エキスを配合し誕生しました。

「マーベラス ピュアSPFプラセンタ」は動物病院専用錠剤サプリメントとして販売しております。

大事な家族だからペット(犬・猫)のための・・・プラセンタ。マーベラス 
ピュアSPFプラセンタ

お客様の声


安心・安全にこだわったプラセンタ・サプリ

SPF豚とは、(Specific Pathogen Free豚)の略で、「特定病原体不在豚」(豚の健康に悪影響を与えると指定された特定の病原体が存在しない豚)という意味です。
「日本SPF豚協会」のSPF豚農場認定制度により認定された農場のみで生産された養豚のことであり、その認定農場で厳しい基準に基づいて丹精込めて育て上げた安心・安全な国産豚由来のプラセンタを使用しております。
また、弊社商品は全てGMP認定工場で安心安全の商品です。
GMP認定工場とは、原材料の受け入れ から最終製品の出荷に至るまで、適切な管理組織の構築及び作業管理、構造設備により製品の品質と安全性の確保している組織に与えられる称号です。


プラセンタにプラス!亜鉛・カキエキス

● 亜鉛

酵素の成分として、細胞の新生や代謝に働きます。
新陳代謝の盛んな皮膚や胃腸障害を健康にします。
歯茎、肛門腺内などの粘膜を強くし、膀胱、前立腺や免疫強化にも働きます。

● カキエキス

カキ肉エキス(タウリン)が心臓や血管組織を強くします。
血圧を正常に保ったり、不整脈を改善したりします。
胆汁酸の分泌を促進したり、肝臓の細胞の再生を促進したりします。
また、泌尿器系では、尿のpH調整します。


医療で発覚される前に、薬を超えた予防医学が必要である


大切な家族だから、ペットにもアンチエイジング。

人にも寿命があるように、ペットにも寿命はあります。
人が日々の暮らしを、少しでも長く元気に過したいと思うように、
もの言わぬペット達の気持ちも同じはずです。
「大切な家族だから、ペットにもアンチエイジングでいて欲しい!」
そんな、当たり前の思いから、欧米では、早い時期から、ペット用サプリを
自分のペットに与えてきました。医療の世界で、今やスタンダードになり
つつある「予防医療」の考え方が、日本でも、最近になって、
動物病院にも浸透し始めてきました。

老化速度を遅くさせる、プラセンタ。


多くの動物は、生まれてから1歳半くらいまでに細胞は増殖し、
ピークを迎えます。
その後、ゆるやかに減退し、徐々に老化現象が始まります。
プラセンタは、身体のさまざまな部位に対して、細胞分裂が必要である老化
細胞や、損傷を受けた細胞から新しい細胞を増殖させる働きがある
と考えられています。
プラセンタを摂取することにより細胞が活性化され老化を遅らせるとことができるのです。


≪老犬・老猫に対するプラセンタとの関わり≫
1、どの犬も元気そうに見えますが、実は、日本で飼われている犬の半数近くは、7歳以上の老犬と言われています(2009年ペットフード協会調べ)。

2、プラセンタは薬ではありません。しかしプラセンタを取扱っています動物病院では老犬・老猫に良い結果が出ています。又、プラセンタ研究交流会にて獣医師先生が発表しました症例に有りますように、プラセンタと西洋薬等を併用する事によって更に良い結果が出ています。プラセンタ研究交流会の獣医師先生は、これまでプラセンタを治療に使用した結果、回数よりも量が大事、より濃くより多く、と仰っています。

3、プラセンタは何に効くのかとのご質問を受けることが多いと思います。一番謙虚に分かり易いのは老犬・老猫です。老犬猫は身体全体に覇気が無く、体毛に元気が無く毛艶が悪く、そして内臓も衰えています。薬では如何にもなりません。プラセンタはいわゆる休眠している細胞を活性化させ、例えば火事場で思いも寄らない力が出るのも、休眠している細胞が一瞬蘇るからと言われていますが、そういった感覚に近いものかもしれません。

4、プラセンタを使用されています動物病院では、プラセンタを最低でも二週間以上服用する事で元気に成る兆候が見え始めるといわれます。

プラセンタはまさに栄養の宝庫!

プラセンタには、豊富な栄養素は非常に多く含まれています。

● アミノ酸

アミノ酸とは、タンパク質を作っている最小の成分です。
体内で合成出来ないアミノ酸が不足すると、身体にトラブルが起こってきます。

● ミネラル

ミネラルは人体を構成する微量な栄養素です。
人の生命活動や維持に欠かすことの出来ない元素のことを言います。

● ビタミン

ビタミンとは、私たちが生きていくのに必要な代謝(科学反応)を助け、健康な身体を維持する上で、大切な役割をする栄養素です。

● タンパク質

タンパク質は、生物の身体を作ったり、あるいは色々な化学反応を助けたりしている物質です。

● ムコ多糖類

ムコ多糖類のムコは、ラテン語で生物の粘液という意味です。
人の身体の細胞同士の間には、ムコ多糖類という吸水性に優れた成分が詰まっていて、必要な水分はこのムコ多糖類に蓄えられています。

● 核酸

核酸は新陳代謝をスムーズにする成分で細胞の増殖やタンパク質の合成、細胞の活性化を促進します。

● 酸素

酸素は主に「消化」と「代謝」に係わる物質です。
消化とは、生物が自分の栄養源となる体外の有機物を吸収するために、より低分子の状態に分解することです。

● 活性ペプチド

活性ペプチド(生理活性ペプチド)は、血圧の調整・骨を作り出す手助け・免疫力の調整・抗酸化能力向上・ミネラル吸収などの働きに活躍します。

● 糖質

糖質とは、糖を主成分とする物質の総称です。
糖は炭水化物とも呼ばれ、身体の栄養素の中で最も重要なものです。

● 脂質・脂肪酸

一般に人体のエネルギー源となり、細胞や血管など私たちの体づくりを支える栄養素です。


プラセンタについて詳しくはこちらから。



▲ページトップへ


プラセンタ・サプリメント:よくある質問~Q&A~

Q1,美容効果の高いとされるプラセンタがなぜ動物の治療に使用できるの?

A,血流が改善する事で古い細胞が除去されるとともに新しい細胞形成を促す事で細胞活性が進み治癒していくものと当院では考えております。
皮膚や肝臓あるいは粘膜は、細胞活性の激しいところであるゆえプラセンタの効果が特に高いのだと思われます。(プラセンタ研究交流会 理事 獣医師資料より)

Q&A

Q2,犬や猫などのペットにサプリメントを投与する事は多いのでしょうか?

A,ペットサプリといえども、体感はでてきています。日本では、まだ限られた飼い主さんしか取り入れていないものですが、欧米ではその浸透率はほぼ100%!!飼い主が飲んで良いサプリメントを家族の一員である犬や猫、小動物、爬虫類から金魚にまで食べさせ共に元気になる事を望んでいる人も多いと耳にします。「サプリメントについて」より詳細をご覧ください。

Q&A

Q3,1日の摂取量は?

A,5kg未満で1錠、5kg〜30kg未満で2錠、30kg〜50kgで4錠が標準摂取量となります。症状によっては、それ以上を与えても問題はありませんし、より効果が期待できるでしょう。

Q&A

Q4,犬も猫も同じものを与えていいの?

A,ある特定の動物に対してよくないとされている成分を使用していませんので、犬や猫に限らず幅広い動物に対して与えていただけるものとなっております。

Q&A

Q5,動物に副作用は?

A,今までに1度も副作用の情報は入ってきておりませんので安全性は充分実証されております。

Q&A

その他のQ&Aはこちらからもご覧頂けます。

犬や猫などのペットのお悩みご相談ください。

プラセンタ研究交流会 会員の獣医師の先生が、犬や猫などのペットについてのご相談に応えてくれます。

お気軽にご相談ください。
犬や猫などのペットにお悩みのご相談はこちらから


ペット用プラセンタサプリメントのご紹介です。

▲ペット用プラセンタ・サプリメントは商品のご紹介ページにて、詳細をご覧頂けます。



 

▲ページトップへ