犬や猫などペットにプラセンタ・サプリメント:ペットの白内障

老化により、発症してしまうケースの多い白内障。
もちろん他のケースもありますが、老齢動物には自然と白内障になってしまう事も多々あります。
犬は元から視力があまり良くない動物ですから、白内障になってしまい、早期に気づく飼い主さんというのは非常に少なくまた、素人では判断が難しいでしょう。
少し変だなと思ったら、犬の目の前にティッシュ等を1枚落としてみてそれを通常であれば目で追う動作をします。追わなければ獣医に相談してみましょう。

  • 犬や猫などの白内障の進行
  • 初発の白内障、未熟な白内障、成熟の白内障、そして最後に過熟の白内障とさまざまな過程があります。症状の進行した段階ほど、手術をしても効果が上がらないケースが多くなります。

  • 犬や猫などの白内障に打ち勝つ為の方法
  • ●点眼薬    ●手術    ●サプリメント

白内障の治療で最も問題となるのは、手術によって犬の視力が回復するかどうかということです。
この手術にはかなり高度な医療技術が必要で、手術の前には専門的な検査が必要となります。
たとえば科学的に手術が適用かどうかを判定するには、「電気網膜図」や眼内用の超音波診断装置を参照すると役に立ちます。
しかし、全国の動物病院でも、そのような器械を備えているのは10~20軒程度と思われます。 どのように対処していくかを飼い主の方達で選択してあげてください。


ペットのための、プラセンタ・サプリメントです。

矢印
ペット用プラセンタサプリメントのご紹介です。

▲ペット用プラセンタ・サプリメントは商品のご紹介ページにて、詳細をご覧頂けます。


▲ページトップへ