犬や猫などペットにプラセンタ・サプリメント:腎臓の働き

腎臓には体の水分を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。
ところが腎炎などの病気で血液を濾過する腎臓の機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。
この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。
腎臓の一部に「ボウマンのう」と呼ばれる袋があり、
その中には細い血管が糸玉状になっている「糸球体」が入っています。
ここで血液をこしだし「尿細管」へ送りだします。
尿細管では、体に必要なものを選択して血液中に再度とり込み体にとっていらないもの(余分な水分、毒素など)は尿として捨てられます。

【プラセンタが腎臓にどう作用するか】
プラセンタには、様々な作用があります。
中でも抗炎症作用、血行促進、造血作用、内分泌調整作用、ホルモンバランス調整作用などは
腎臓と深く関係します。
具体的な症状の改善説明によりますと、腎炎などの病気で血液をろ過する「糸球体」の網の目が
詰まってしまうと腎臓の機能が落ち、
老廃物を十分排泄できなくなり、腎臓に流れ込む血液量が減少し、血圧を上げる物質を分泌し
血圧を上昇しようとします。
そこでプラセンタの抗炎症作用、血行促進、造血作用などにより腎臓の機能を正常に保ちます。



プラセンタ製薬にできることは、・・・・プラセンタ サプリメント

矢印
ペット用プラセンタサプリメントのご紹介です。

▲ペット用プラセンタ・サプリメントは商品のご紹介ページにて、詳細をご覧頂けます。


▲ページトップへ