犬や猫などペットにプラセンタ・サプリメント:皮膚疾患

動物達に多い病気(疾患)のひとつに皮膚疾患というものがあります。
動物の皮膚は人間の約6分の1の厚さで出来ています。とてもデリケートで不衛生ですと細菌や寄生虫が繁殖して皮膚病になりやすい傾向があります。
皮膚疾患にもさまざまな要因があります。

  • 犬や猫などの皮膚疾患の原因
  • ●膿皮症  ●脂漏症  ●アレルギー性皮膚炎  ●疥癬症  ●ノミアレルギー性皮膚炎
  • ●皮膚真菌症  ●ホルモン異常による皮膚病  ●毛包虫症  ●ツメダニ症
  • ●クッシング症候群  ●甲状腺機能低下症  

飼い主さんは動物の痒がる動作に注意しなければなりません。
その他に毛つやが悪い、フケが多い、皮膚が荒れる、水をたくさん飲む事等もあげられます。
皮膚病に限らずではありますが、常に異常がないか目を向けてあげ、重症症状になる前に
治療してあげる事が大切だと言えます。

病院選びも重要です。獣医師に相談する事が先決ですが、先生によってあるいは病院によって得意・不得意はあると思います。
それは、どの世界も一緒ですがどうかペット達との相性も視野に入れてあげてください。どうにか治そうとしていても、うまく効果が現れない、ひどくなった、こういった現実はゼロではありません。
そうした中で飼い主さんが話すことができない犬や猫という動物の立場になり、セカンドオピニオンや違う角度からの治療方法等を選択してあげても良いのではないでしょうか?
最善をつくしてあげましょう。

早期発見と、最適な治療を。

矢印
  • 犬や猫などの皮膚疾患の治療方法参考例
  • ●漢方薬  ●鍼灸  ●アロマ療法  ●健康補助食品  ●ハーブ療法
  • ●ホメオパシー療法  ●アーユルベーダ

プラセンタ製薬にできることは、・・・・プラセンタ サプリメント

矢印
ペット用プラセンタサプリメントのご紹介です。

▲ペット用プラセンタ・サプリメントは商品のご紹介ページにて、詳細をご覧頂けます。


▲ページトップへ